<   2012年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

イタリア肉業界のスーパースター、ダリオ・チェッキーニさん。

前回のブログではダリオさんのお肉屋さん“アンティーカ・マチェレリア・チェッキーニ”と、ランチ専門店“マック・ダリオ”をご紹介しましたが、
今回はフィレンツェに来たら絶対食べたい!フィレンツェ名物ビステッカ・アッラ・フィオレンティーナを食べに“オッフィチーナ”へ。
再びキャンティ地方へ向かいました。

フィレンツェから車で約1時間。
夕日に染まるぶどう畑やオリーブ畑を眺めながら、パンツァーノ・イン・キャンティへ。

ダリオ1

ステーキ専門店“オッフィチーナ”に付くと、入り口でダリオさんが迎えてくれました。
赤いパンツと靴がまぶしい!
お肉屋さんも赤と白の縞々でしたが、それ以上のインパクトです!

ダリオ2

受付には肉屋の男といった雰囲気のイタリア人たち。

ダリオ3

夏場は気持ちのいいテラス席での食事になります。
夜のレストランは完全予約制で1日1回。食事時間も決まっています。
長テーブルを囲い、みんなで一緒に食事を始める。お祝いの席のようです。

ダリオ4

指定された席に着くと、陽気なレストランの店長が野菜スティック用ディップのパフォーマンスをしてくれました。
テーブルにある小鉢めがけて塩をスプーンで投げ入れ、頭上高くからオリーブオイルを注ぎます!
オリジナルハーブソルトとオリーブオイルの組み合わせは、イタリアの味の濃い野菜に良く会います。

ダリオ5

みんなで一緒に食べるオッフィチーナでは、店員さんが食事を運んで取り分けれくれます。
食事の量が多いイタリア、自分で食べられる分だけお皿に乗せることが出来るので女性にもやさしいです。

ダリオ6

前菜、お肉のタルタル。さっぱりしていて鮮度は抜群!
その後軽くグリルしたタルタルも運ばれてきました。
美味しいけれどもここで食べすぎないように・・・

ダリオ7

豆のオリーブオイル煮。豆版ミネストローネのようでした。
後ろにあるボトルはオリジナルのオリーブオイル。ダリオさんの写真つき。

ダリオ8

陽気な店長は常に冗談を言いながら明るくテーブルを廻ります。
勿論女性を口説くことも忘れません。甘い言葉で褒めちぎります。
ダリオさんに負けないユーモアな方でした。

ダリオ9

ついに来ました!ステーキタイム!
ダリオさんが声高々に肉に敬意を払い、両手の美味しそうに焼けた肉を高々と掲げます。
バンドのようなレストランメンバー紹介もユニークでお客さんの期待感もぐんぐん上がります。

ダリオ10

その場で切り分け各テーブルに運ばれます。

ステーキは全部で3種類!
まずはコスタータ(牛の骨付き肩ロース)
次にビステッカ・アッラ・パンツァネーゼ(パンツァーノの地元肉を使ったTボーンステーキ)
最後にビステッカ・アッラ・フィオレンティーナ(キアーナ牛のTボーンステーキ)
贅沢なステーキの食べ比べ、ボリューム満点です。

ダリオ13

フィレンツェ名物、ビステッカ・アッラ・フィオレンティーナ登場!

写真がぶれてしまい、大事なお皿の画像がありませんが…(申し訳ありません…)
外はカリカリ、中はレアでジューシーなお肉は、以外にもさっぱりしていてとても美味しかったです。
最後のフィオレンティーナまでお腹いっぱいでも美味しく食べることが出来ました。

ダリオ11

店内には世界中からお客さんが来ていました。私たちの隣にはアメリカからわざわざ食べに来たという方たち、その横にもフランスの方。

ダリオ12

気さくなダリオさんもおしゃべりに回ります。皆さん楽しそうに働いていました。

ダリオ14

デザートにはオリーブオイルのケーキ、コーヒーと、食後酒のグラッパにもダリオさんの写真が。

ダリオ15

店長さんが最後に記念のサインをしてくれました。

ダリオ16

この日は丁度ロンドンオリンピック開催の日だったので、ワイングラスでオリンピックマークを書いてくれました。

お腹もいっぱいの大満足な夕食でした。

OFFICINA DELLA BISTECCA
Via XX Luglio,11, Panzano in Chianti
tel +39 055 852020
営業は火曜、木曜、金曜、土曜の夜8時、日曜日はランチタイムで13時から。
完全予約制。コース料理。
注:食事の終了時間が遅いので、お車のご用意もしくは近くのホテルに宿泊などお勧めします。
その他お肉のコース料理が食べられるれるレストラン“ソロ・チッチャ”(フィオレンティーナなし)も営業しています。


【ダリオ・チェッキーニさんのステーキ専門店『オッフィチーナ』でディナー!】
http://www.maxharvest-travel.com/option/firenze/008.html
本場の雰囲気で美味しいステーキが食べたい!ダリオさんのお店に行ってみたい!そんなお客様にお勧めのツアー!専用車で行も帰りも安心!

[PR]
by maxharvest_travel | 2012-08-30 17:48 | 料理 ワイン
フィレンツェから車で1時間、キャンティ地方の小さな町に、世界のグルメ界に名を轟かせる有名人が居ます。
その名は「ダリオ・チェッキーニ」

日本や世界各国のテレビや雑誌でも紹介される肉業界のスーパスターであり、破天荒なパフォーマンスとキャラクターでも知られる、明るく陽気なイタリアーノ。
狂牛病問題でビステッカ・アッラ・フィオレンティーナ(フィレンツェ風Tボーンステーキ)が食べられなくなった時は牛肉の葬式を開いてしまう程、肉に敬意を払い、肉を愛する熱い男です。

ダリオさんの経営するお店は、お肉屋さん“アンティーカ・マチェレリア・チェッキーニ”とレストランが3件。
今回はランチのみ営業の“マックダリオ”とお肉屋さんに行ってきました。

a0058525_1833158.jpg

マックダリオの入り口です。
テラス席と室内があります。

a0058525_1833539.jpg

こちらは室内です。
今回は中で食べることにしました。

ランチのメニューは2種類。
ハンバーグランチと、4種類のお肉料理のブレートと野菜スティックセット。

a0058525_18343619.jpg

こちらはハンバーグ。
新鮮なお肉を使っていて、焼き方も、レア・ミディアム・ウェルダンの3種類から選べます!

a0058525_18351318.jpg

こちらはプレート。
キャンティの寿司(生肉のマリネ)、キャンティのツナ(豚肉のオイル漬け)、焼き豚、肉団子の甘辛ソースがけ。
野菜スティックとパンも付いてボリューム満点!

おなかがいっぱいになったところで、噂のダリオさんに会いにお肉屋さんに行ってみましょう。

a0058525_18353945.jpg

お肉屋さんの外観は赤と白の派手なシマシマ模様。
入り口の左脇には、牛肉の葬式を行った時の記念碑が飾られています。

a0058525_1836651.jpg

居ました!ダリオさん!
良い笑顔で明るく迎えてくれました。

a0058525_1836579.jpg

店内にはクラシック音楽が流れ、牛のオブジェの後ろにはレストランで使われていたソースやスパイス、ダリオさんの写真入りオリーブオイルやアルコール類が並びます。
小さな小瓶のセットはお土産にもぴったり。

a0058525_18372450.jpg

オブジェの前には試食が並びます。

a0058525_18375951.jpg

ケースの中に並ぶ鮮度抜群のお肉。

a0058525_18383152.jpg

豪快な焼き豚。おなかいっぱいでもかぶりつきたくなります。

a0058525_18391161.jpg

お肉に真摯に向かう姿は素敵です。
夜は肉専門料理“ソロ・チッチャ”と、ステーキ専門店“オッフィチーナ”が営業しています。
こちらは次回ご紹介します!

キャンティ地方のブドウ畑を眺めながらドライブの途中、ワイナリーにも立ち寄りました。
また、ここからシエナやサンジミニャーノも近いので、都市巡りをされる方にもお勧めです。
美味しいお肉とワインを飲んで、ちょっと幸せな気分を味わえる旅でした。

Antica Macelleria Cecchini
Via XX Luglio,11, Panzano in Chianti
開店時間は12時~15時。
日曜日は定休日ですが、代わりに夜のレストランが営業。ランチ時間にお肉のコース料理を楽しめます。


【マック・ダリオでランチ&ワイナリー訪問!キャンティ珠玉の小都市巡り】
http://www.maxharvest-travel.com/option/firenze/007.html
キャンティワイナリーと噂のダリオ・チェッキーニのレストランへ行こう!専用車で行く楽々小都市巡り

[PR]
by maxharvest_travel | 2012-08-28 18:42 | 料理 ワイン
毎年夏に開催される、世界三大映画祭のひとつである「第69回ヴェネツィア国際映画祭」
舞台は、リド島のリード・ディ・ヴェネツィアのビーチ沿いにある5つ星ホテル
「ウェスティン エクセルシオール ベニス リド リゾート」周辺、パラッツォ・デル・チネマになります。
この時期は、どこのホテルもいっぱいになるばかりでなく、会場周辺の賃貸アパートの価格も変わってきます。
次々に船でエクセルシオールヴェニスに到着する俳優、監督などの映画関係者を眺めることが出来る場所は人でいっぱい。
リド島が最も輝く季節なのです。

今年の映画祭は2012年8月29日~9月8日
a0058525_23191389.jpg

写真:ヴェネチア国際映画祭公式HPより
http://www.labiennale.org/en/cinema/(英語)

リド島はヴェネチアの東南に位置する全長12kmの細長い島。
アドリア海に面する白い砂浜が続く海岸線には海水浴用の小屋が並び、海水浴を楽しむ人で賑わう高級リゾート地です。

また2年に1度開催される「第13回ヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展」の開催も同時期です。

ヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展 2012年8月29日~11月25日
http://www.labiennale.org/en/architecture/(英語)


現地発!ヴェネチア・フィレンツェ・ローマ古都の旅7日間!
http://www.maxharvest-travel.com/modelplan/002.html
街並みすべてが見所のイタリアハイライト周遊!運河をゴンドラが行き交うヴェネチアのロマンチックで美しい姿は世界中の観光客の旅情を誘います。

[PR]
by maxharvest_travel | 2012-08-20 23:21 | イベント
イタリアの世界的に有名なお祭りの一つ、シエナのパリオ。
1147年から続く“中世の競馬とパレード”の伝統的なお祭りで、年に2回、7月2日と8月16日に開催されます。

今回は先月行われた7月2日のパリオの様子をご紹介します!

a0058525_2052155.jpg

パリオでまず目に留まるのは、街に飾られた色とりどりの旗(パリオ)と旗を身につけた人々。
きらびやかな中世装束を纏い、各チームの旗を振りかざすパレード。

a0058525_2053191.jpg

シエナの旧市街には17の地区があり、それぞれに旗や衣装、カラーを持っています。

そして競馬のメイン会場となるカンポ広場で、10地区の選ばれたチーム(前年出場しなかった7地区と前年出場した中から抽選された3地区)が対抗戦の形式をとりレースに出場します。

いわば彼らはこれから行われる競馬の各地域のサポーターなのです!

a0058525_20534048.jpg

世界一美しいカンポ広場は人・人・人!
小さなシエナの街が興奮と熱気で埋め尽くされます!

a0058525_2054199.jpg

各チームが見守ります。

a0058525_20545870.jpg

子供たちも準備万端。

a0058525_20555925.jpg

パレードを終えたイケメン♪イタリア青年も開始を待ちます。

a0058525_2056322.jpg

いよいよ競馬のスタート!

裸馬に跨って行われる祭典競馬を見に世界中から観光客が訪れます。

騎手は鞍や鐙を使わずに裸馬に跨り手綱のみで騎乗するので、しばしば落馬事故や転倒も起こる危険な競技ですが、見事な乗馬で広場を疾走する姿は街の英雄さながら!
レースはコースを3週するだけの1回のみで、一瞬の出来事に目が離せない大興奮の渦です。

競技は夕方の7時からですが、競技を見るためには早めに広場に行き場所を確保することをお勧めします。
会場は大変な熱気なので、もっと落ち着いて見たいという方は事前に観戦用の有料席を購入か、テレビ中継もされているので、近くのバールでテレビ観戦なども出来ます。

【シエナとサンジミニャーノ、キャンティワイナリー訪問ツアー】
http://www.maxharvest-travel.com/option/firenze/002.html
フィレンツェから専用車で移動も楽々安心!キャンティワイナリー訪問付きのトスカーナ満喫旅行!
パレオ観戦に合わせたアレンジ可能です!

[PR]
by maxharvest_travel | 2012-08-08 21:03 | イベント
「マルケ州三大オペラ」の一つ、ロッシーニ・オペラフェスティバル
今年はロッシーニ生誕120周年の記念すべき年です。
a0058525_2061256.jpg

写真:ロッシーニ・オペラ・フェスティヴァル公式HPより
http://www.rossinioperafestival.it/?lang=ita&IDC=1

今年の開催期間は 2012年8月10日(金)~8月23日(木)
毎年3演目のオペラとコンサート、ロッシーニ・アカデミーの研究生による若手オペラ
「ランスへの旅」が公演されます。

今年のメインオペラ演目は

バビロニアのキュロス CIRO IN BABILONIA
公演日:8月10日(金)、13日(月)、16日(木)、19日(日)、22日(水)

マティルデ・ディ・シャブラン MATILDE DI SHABRAN
公演日:8月11日(土)、14日(火)、17日(金)、20日(月)

ブルスキーノ氏 IL SIGNOR BRUSCHINO
公演日:8月12日(日)、15日(水)、18日(土)、21日(火)

a0058525_207191.jpg

メイン会場となる「テアトロ ロッシーニ」

「セビリアの理髪師」「ウィリアム・テル」があまりにも有名なロッシーニ、多くの作品を
生み出した彼の隠れた名曲に触れる夏の音楽祭です。

開催地となるペーザロはアドリア海に面した可愛らしい海辺の町で、ボローニャから
電車で約1時間ちょっと、ミラノからも約3時間で行くことが出来ます。
夏はイタリア人、特にボローニャ方面から海水浴を楽しむ家族連れで賑わうイタリア人
観光客の多い観光地です。

a0058525_2073068.jpg

駅から海辺まで結ぶ夕方のメイン通りにはロッシーニの曲が流れ、ロッシーニハウスも
この通りに面しています。


★ミラノ・スカラ座 オペラ鑑賞パッケージツアー ≪最後の晩餐チケット付≫★
http://www.maxharvest-travel.com/opera/tour/001.html
華麗なる舞台芸術によって世界中から愛されるイタリアオペラ。
世界三大歌劇場のひとつ「ミラノ・スカラ座」でのオペラ鑑賞のパッケージプランです。
ミラノから3時間!ペーザロ・ロッシーニ音楽祭手配も致します!

[PR]
by maxharvest_travel | 2012-08-07 20:12 | オペラ