<   2012年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

前回のラヴェッロ・フェスティバルに引き続き、アマルフィ海岸の街ラヴェッロから美しい景色をご紹介します。

a0058525_2041448.jpg

青く透き通ったどこまでも美しい海

a0058525_20413694.jpg

ヴィッラ・チンブローネからの景色

ラヴェッロには美しく整備された庭園もあり、ヴィッラ・ルフォロ、ヴィッラ・チンブローネ、プリンチペッサ・ディ・ピエモンテ庭園はお勧めの絶景スポットです。

ラヴェッロはアマルフィから車で30分ほど。
アマルフィの高台に位置する街で人口は約2500人。海抜315メートルの断崖絶壁の崖からサレルノ湾を見下ろすことが出来ます。


ローマ・ナポリから行くアマルフィー海岸旅行!
http://www.maxharvest-travel.com/option/roma/001.html
日帰り、または1泊2日で行くアマルフィー海岸へ!ラヴェッロ音楽祭チケット手配やラヴェッロに宿泊も可能です!

[PR]
by maxharvest_travel | 2012-07-26 20:43
アマルフィ海岸を見下ろす絶景の街で夜明けのコンサートが行われるのをご存じでしょうか?

数々の芸術家が訪れた美しいアマルフィ海岸の街ラヴェッロでは、1880年にR.ワーグナーが滞在したことにちなみ、1953年から“ワーグナー音楽祭”が開催されてきました。

2003年からラヴェッロ・フェスティバルとして6月23日~9月2日の間、クラシックコンサート、映画、バレエ、ダンス、ジャズコンサートなどバラエティに富んだ催しが開催されています。

会場はヴィッラ・ルフォーロを中心に、海にせり出したような舞台と青い海、ため息が出るような美しいロケーションばかり。

8月の目玉は11日の朝4時45分開演の“聖ロレンツォの夜”
ペーザロのロッシーニオーケストラによる夜明けコンサートです。
徐々に明るくなる空と、朝日を浴びるオーケストラ。奏でるシンフォニーは夢の続きのよう。

a0058525_17291365.jpg


写真:ラヴェッロ・フェスティバル公式HPより
http://www.ravellofestival.com/


ローマ・ナポリから行くアマルフィー海岸旅行!
http://www.maxharvest-travel.com/option/roma/001.html
日帰り、または1泊2日で行くアマルフィー海岸へ!ラヴェッロ音楽祭チケット手配やラヴェッロに宿泊も可能です!


タグ:南イタリア モーニングコンサート アマルフィ ラヴェッロ ラベッロ
[PR]
by maxharvest_travel | 2012-07-25 17:30 | イベント
スパッカ・ナポリの細い路地裏の一角、ひっそりと建つサン・セヴェーロ礼拝堂。

祭壇の前には世界的に有名な彫刻「ヴェールに包まれたキリスト」(1752年ジュゼッペ・サンマルティーノ作)があります。

a0058525_19452734.jpg

写真:サン・セヴェーロ礼拝堂公式HPより

「ヴェールを掛けられた死せるキリスト」とも呼ばれ、透き通るような大理石が滑らかな質感と冷たさを表現し、大理石の模様がまるで血管のように見える。思わず触れてみたくなる精巧な彫刻です。

主祭壇にはフランチェスコ・セレブラーノ作「キリスト降架」、堂内には10体の美徳の女神像があり、左角柱にはバラの花と石碑をもった女性がすっぽりとベールをかぶった大理石像、アントニオ・コッラディーニ作「ヴェールに包まれた謙譲 」(1752年) 反対側にはフランチェスコ・クエイローロの代表作、太いロープで編んだ網を頭からかぶった男「暴かれた欺瞞」(1752年)絡みつくようなロープの精巧な作りは必見。ナポリに来る前にはトレヴィの泉を飾る「秋の寓意像」を制作しています。

そして右側の階段を下りた地下室には、血管だけを残した人体像や解剖危惧も展示。
科学者であり文学者であったライモンド公は錬金術師だったとも言われており、この地下室で密かに解剖実験を行っていたそうです。

サン・セヴェーロ礼拝堂は、1749年にサンセヴェーロ公であったラインモンド・ディ・サングロが、一族が廟墓として建設した礼拝堂に装飾を施し再建したもので、現在は美術館として機能しています。


サン・セヴェーロ礼拝堂-Museo Capella Sansevero-
http://www.museosansevero.it/index.php
住所 Via De Sanctis 19


ナポリっ子と行く!ナポリウォーキング 半日ツアー!
http://www.maxharvest-travel.com/option/napoli/003.html
ちょっと街歩きが不安な方でも日本語ガイドがつくので安心!地元を熟知したナポリっ子と一緒にナポリの魅力を発見。

[PR]
夏のバーゲンセールがイタリア各地で本格的にスタートしました!
初日の7月7日の週末はファッションの街ミラノでも世界各国から旅行者が訪れ、両手いっぱいに紙袋をぶら下げお買い物を楽しんでいました。
勿論普段十分お買い得なアウトレットもセールになります。

またお土産には洗練されたイタリア食材を。
昨年秋にオープンしたミラノの新しいショッピングモール「Exelsior/エクセルシオール」はミラノで話題のセレクトショップです。
ドゥオーモ裏手からメイン通り、ヴィットリオ・エマヌエーレ2世通りを少し入った右側にある便利な立地。
地下にフードコーナーがあり、イタリア各地の洗練された食材やパスタ、お土産にぴったりのイタリア郷土菓子並び、ここでしか見られないたくさんの品ぞろえを誇っています。
ワインコーナーも充実しており、ワインバーやビストロコーナーは昼も夜もオープン。
軽食が出来る場所もありますので、観光途中の休憩やトイレ利用にも最適です。

2013年主要都市の冬のセールは1月5日から。(都市によって変わります)
是非イタリアでのお買い物旅行をお楽しみください。

a0058525_0301381.jpg

写真:エクセルシオール公式HPより
http://www.excelsiormilano.com/#/it/store


☆マックスハーベストお勧めミラノ観光プラン☆
世界遺産「最後の晩餐」鑑賞とミラノ半日観光ツアー<午前・日本語ガイド付き>
ミラノの主要観光地ドゥオモ、スカラ座、スフォルチェスコ城と最後の晩餐をぎゅっと楽しめます!

弊社では各都市の様々なオプションプランを用意しています。オペラチケットやプライベートガイド手配など、お気軽にご相談ください!

[PR]
by maxharvest_travel | 2012-07-09 18:33 | ショッピング
1年に一回、天の川に橋が架かり織姫と彦星が逢瀬を楽しむように、
七夕の夜、ミラノ市立プラネタリウムと東京、葛飾区にある「プラネターリアム銀河座」では、互いの番組を交換する、交流の橋が架かるそうです。

今回の企画は銀河座の館長さんが留学当時通っていた、ミラノのプラネタリウムと話が進み、七夕に互いの番組を交換する企画が実現するそうで、日伊でそれぞれ作ったテーマが互いのプラネタリウムで披露されるというもの。

銀河座からはイタリア語による「七夕の伝統と天文学」、ミラノは「アンドロメダの神話」(日本語字幕付き)を館長さんが解説します。

ミラノのプラネタリウムについて、銀河座のサイトでも「日本にはない観点から興味深い話を展開。内容と洒落た演出に驚きと感動がある。」と書かれていますが、その意見には大いに納得!ちょっとした演出に遊び心とセンスを感じます。
その他細かな日本と海外の違いも興味深く、プラネタリウムファン(マニア?)なら楽しんで頂けるのでは、と思います。

a0058525_18201510.jpg


ミラノのプラネタリウム「ウルリコ・エープリ」は、プッブリチ公園内にあり、シンプルなドーム状の建築で市立自然史博物館近くにひっそり建っています。

日本のプラネタリウムの様にリクライニングシートに最新のシステムを搭載、というわけではありませんが、プロジェクターを囲む木造の回転イスに座り、地平線に1950年代のミラノの街が書かれたスクリーン、映し出されるミラノの星空を、首が痛くなりながらもぐるぐると見上げるのは、なんとも味があり癒されます。

上映は毎回約1時間。月替わりで開館もその時間のみ、普段は解説もイタリア語のみですが、天文ファンや雰囲気を味わいたい方にはお勧め。
プッブリチ公園もショッピング街に近く、ゆったりと寛げるミラノ市民憩いの公園です。
ミラノの半日観光後や近隣の美術館、博物館見学、ショッピングの合間にひと休みなど、気分転換に立ち寄るのにもお勧めです。



ミラノ市立プラネタリウム ウルリコ・エープリ(イタリア語のみ)
http://www.comune.milano.it/dseserver/WebCity/documenti.nsf/webHomePage?OpenForm&settore=SVIY-5HNGa3_HP

プラネターリアム銀河座
http://www.gingaza.jp/new/201207.html



☆マックスハーベストお勧めミラノ観光プラン!
世界遺産「最後の晩餐」鑑賞とミラノ半日観光ツアー<午前・日本語ガイド付き>
ミラノの主要観光地ドゥオモ、スカラ座、スフォルチェスコ城と最後の晩餐をぎゅっと楽しめます!

弊社では各都市の様々なオプションプランを用意しています。オペラチケットやプライベートガイド手配など、お気軽にご相談ください!

[PR]
by maxharvest_travel | 2012-07-04 18:22 | イベント