<   2005年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

2003年の忘れもしない強烈に暑かった夏を思わせる暑さの日々がこのところ続いています。とにかくムシムシして体がべたべたになってしまうのです。日中は歩道のアスファルトが溶けてヒールの足跡をねちねちと付けて歩く状態なのです。気象庁は暑さの度合いを最大の3を表示しました。今週末は特にローマとシチリア州のパレルモが気温が高いとのことです。皆さんも熱中症に気をつけて水分補給を欠かさずに!!!イタリアまさにホットニュースでした。
[PR]
by maxharvest_travel | 2005-07-30 15:54 | その他
戦後イタリア海軍にて大活躍した潜水艦エンリーコ・トーティが8月13日ミラノの科学技術博物館に到着する。1999年6月より4年間クレモナのポー川の港に停泊されていた潜水艦はいよいよ老後の居場所に落ち着き、人々を楽しませてくれるようだ。到着後は数週間の工事と準備をしその後一般公開される。それにしてもこんなに大きな物をミラノに運ぶとは大変興味深い話だ。搬送は国道を使い時速15kmとの事4~5日は掛かる。いったいどうやって博物館の中に入れるのだろう?費用はミラノ市がもち、15万ユーロ(約2000万円)ですべて収まる。4年前の見積もりでは30万ユーロと倍だったそうだ。
ちなみにこの科学技術博物館は、夏の間64歳以上のミラノ住民限定に、入場料はもちろんスイカと飲み物無料サービスを行っている。潜水艦搬送料節約できたのだからツーリストや、若者にもせめてスイカくらいくれてもいいのに・・・
この秋のミラノ観光お勧め博物館です。
[PR]
by maxharvest_travel | 2005-07-24 15:54
かつてクロスワードパズルやルービックキューブ、ゲームウォッチ、タマゴッチが流行ったように今ヨーロッパはSUDOKUブームである。これは1970年代日本発のゲームで数独というものだ。いわばクロスワードパズルの数字バージョンと言ったものである。このゲームの魅力は、解答が複雑なのにルールが極めてやさしいことにある。プレーヤーは、空欄のマス目が縦横に9つ並んだ各行(左から右に)、各列(上から下に)、各ブロック(太い線のなか)のます目に1から9までの数字を埋め込む。
昨年11月にロンドンタイムスに掲載されたのをきっかけにヨーロッパ中にブレイクした。イタリアではこの数日ニュースや新聞で取り上げ、街の新聞屋さん(エディーコラ)ではSUDOKUと書かれた大きな看板さえ目に付く。
実際挑戦してみたがけっこう楽しめ、集中してしまう。コンピューターや携帯電話が体の一部のようになっているこの時代SUDOKUブームは人に優しい遊びの気がしてなんとも言えずほっとする。
[PR]
by maxharvest_travel | 2005-07-18 15:55 | その他
南チロル地方メラーノは古くから多くの文豪やオーストリアの王女様SISSYが避暑地として静養した街だ。今でもサッカー選手を初め多くのスポーツマンや文化人、お年寄りが訪れる。花が咲き乱れ、りんご、ふどう畑が果てしなく続く。かつてはオーストリアであったこの街は未だに文化、習慣すべてがオーストリア、ドイツ的で人々もドイツ語で会話をしている。(もちろんイタリアなのでイタリア語は通じる。)そんなこの街に2005年秋巨大な温泉センターがオープンする。7800㎡の敷地に室内外の25のプール、8部屋の様々なサウナ、最新式の設備を備えたアスレチックジム、エステティックサロン、ホテル、ビストロがある。オープンの日にちは決定していないが、日々、工事はちゃくちゃくと進んでいる。この秋、冬は是非とも訪れたいスポットのひとつだ。
[PR]
by maxharvest_travel | 2005-07-11 15:56
間15万人の観光客が集まるというシチリア州エディガ島。ヨットの世界大会アメリカンズカップの予選が行われるところとしても有名だ。
実はそれ以外にエディガ島のファヴィニャーナは唯一のまぐろ漁港として知られている。かつては78もあったまぐろ漁港は今では規制によりここだけとなった。夏の初めまぐろたちは大西洋を離れ温度の高い地中海に集まる。そこで漁師たちは約1.5kmにも及ぶ網をかける。この網は袋状になっていて、5つの部屋に区切られている。最後の5つ目の部屋にまぐろたちが入ったところを射止める。この瞬間海は真っ赤な血に染まる。なんともいえない迫力だ。これをマッタンツァと呼ぶ。これはスペインのマタールという闘牛の最後の射止めという言葉から来ている。1341年シチリアがスペイン支配にあったとき初めてのまぐろ釣りがここで行われ名付けられた。まさに海の闘牛場なのだ。この港にはこの歴史あるまぐろ釣りの博物館もある。当時の網も展示されている。
それにしても海の闘牛を見に多くの観光客が集まり、市長いわくまぐろで観光客を釣ったと大喜びだそうだ。
[PR]
by maxharvest_travel | 2005-07-01 15:56 | その他