カテゴリ:芸術( 12 )

シエナ大聖堂の床を飾るモザイク画が、現在期間限定で一般公開されています。

通常はカバーで保護され、毎年1年の内の一定期間のみ公開。
今年は8月18日から10月24日迄の約2ヵ月間一般公開しており、1日3,000人もの見学者が訪れるそうです。

大理石の象嵌によって構成された56枚の見事なモザイク画は、14世紀から16世紀にかけて、サセッタ、ドメニコ・ディ・バルトロ、ドメニコ・ベッカフーミなど著名な芸術家をはじめ、多くは地元出身のおよそ40人の芸術家たちによって制作されました。
16世紀の芸術家ジョルジョ・ヴァザーリは著書「ルネサンス彫刻家建築家列伝」の中で『史上最も美しく偉大で壮大な床』と表現、イタリアゴシック様式の最高傑作であると言われ、聖書や古代の物語を美しく鮮やかに表現しています。

この時期トスカーナ地方を訪れるなら是非とも足を伸ばして見て欲しい、素晴らしい文化遺産です。

シエナ
写真.参考記事:FondoAmbienteItaliano


フィレンツェ発 世界遺産シエナとサンジミニャーノ、トスカーナのキャンティ地方ワイナリー訪問付き日帰りプライベート旅行!専用車で移動も安心です。

[PR]
by maxharvest_travel | 2012-10-03 20:28 | 芸術
ミラノの北東、ビコッカ地区にある巨大アートスペース『ハンガー・ビコッカ』
もとは倉庫だった工場跡地を使い、広い空間に巨大なコンテンポラリーアート作品や、メディアアート作品を定期的に展示する現代アート展示会場。
現在はドイツ人アーティスト、アルヴァ・ノト(Alva Noto)の活動名で知られるカールステン・ニコライ (Carsten Nicolai)氏の“UNIDISPLAY”が公開中。
ニコライ氏はエレクトロニカ・実験音楽のミュージシャンとして知られ、現在は坂本龍一氏と共にヨーロッパツアー「“s” tour 2012」でも活動中。
先日坂本龍一氏もこのアートスペースに見学に訪れたそうです。

HangarBicocca
写真:HangarBicocca

HangarBicocca
http://www.hangarbicocca.org/

近隣には映画館やショッピングモール、リキュールで有名なカンパリの『カンパリミュージアム』などもあり、広告美術やカンパリの歴史などに触れることが出来ます。


【カンパリ・ミュージアムツアー日本語ガイド付】
イタリアの代表するリュキール「カンパリ」その歴史を日本語ガイドが丁寧に説明いたします。カンパリ発祥バールでカンパリドリンク付!

[PR]
by maxharvest_travel | 2012-10-01 22:41 | 芸術
7月7日から9月29日までの毎週火曜日 19.00~21.00にかけて
ウフィツィ美術館は、特別に開館します。


ウフィツィ美術館: 世界で最も美しい絵画美術館のひとつであり、
メディチ家が数世代にわたってしたコレクションのおかげで
イタリア絵画の発展を、その先駆者たちから17世紀までにたどることができます。

レオナルドやミケランジェロのデッサンや、ジョット、フラアンジェリコ、ボッティチェッリ、
ラファエッロ、カラヴァッジョ等の作品が見られます。


またアカデミア美術館も同じく夏季の開館時間延長を行っています。
7月7日から9月29日までの毎週火曜日 19.00~21.00
5月28日~9月10日まで"Robert Mapplethorpe"の特別展が実施されています。


アカデミア美術館: ミケランジェロの彫刻とフィレンツェ派の絵画を集めた彫刻美術館。
シンヨーリア広場のダビデ像のオリジナルがあります。


弊社では、美術館のチケット予約手配を行っております。
詳しくは、こちらをご覧下さい。
[PR]
by maxharvest_travel | 2009-06-24 18:43 | 芸術
ヴェネツィアで開催される現代美術の国際美術展覧会
ヴェネツィア・ビエンナーレ La Biennale di Veneziaが開催されます。

2009年6月4日-11月22日
画像は、公式サイトからです。
a0058525_0183559.jpg

ビエンナーレ期間中は、財団や美術館などが行う特別展が
ヴェネツィア市内の開催されています。
世界から美術関係者がヴェネツィアを訪れます。

マックスハーベストでは、ヴェネツィアをはじめ、イタリアの個人旅行を企画、手配しています。
マックスハーベスト公式サイトは、こちら。
[PR]
by maxharvest_travel | 2009-06-06 00:21 | 芸術
新しくウフィツィ美術館とヴァザーリの回廊を訪れるスペシャルツアーを企画しました。

a0058525_19445924.jpg


このヴァザーリの回廊とは、フィレンツェの政治の中心のヴェッキオ宮殿
メディチ家の行政諸官庁(ウフィッツィ)からヴェッキオ橋の上を通り
アルノ川向こうにある邸宅であったピッティ宮殿を結んでいる
外に出ることなく安全に移動するために作られたこの秘密の回廊です。

この回廊は、アルノ川にかかるヴェッキオ橋の支柱に支えられた空中回廊となっています。
全長1kmに渡る回廊は、絵画がかけられた有名な肖像画のコレクションのギャラリー。
a0058525_2032640.jpg


現在、公開されているフィレンツェのヴァザーリの回廊ですが
2009年9月中旬より修復が予定されています。

マックスハーベストでは、修復前にこのヴァザーリの回廊とウフィッツィ美術館を巡る
オプショナルツアーを企画しています。
催行日は、5月2日(土)、5月5日(火)、6月23日(火)、7月21日(火)になります。

詳しくは、こちらをご覧下さい。


人気ブログランキングへ
マックスハ-ベストのオフィシャルHPへ
マックスハーベストでは、イタリア各地の旅行の手配をお手伝いします。

[PR]
by maxharvest_travel | 2009-02-09 20:04 | 芸術
毎年開催されるイタリアの文化週間〔Settimana della Cultura〕
2008年は3月25日(火)~31日(月)の7日間に開催される予定です。

この期間は、イタリア中のほとんどの遺跡、博物館、美術館の入場料が無料となります。

a0058525_1852325.jpg

画像写真提供先  IL CENACOLO


期間中、特別展の開催や美術館の予約および入場等に制限が入る場合がございます。

イタリア国内の国立の 博物館や美術館、考古学遺跡、モニュメントなどの入場料金が
無料となります。もちろん、ミラノの最後の晩餐も対象になります。
この時期は、通常よりも混雑します。

ご予定の方はお問い合わせください。

マックスハ-ベストのオフィシャルHPへ
マックスハーベストトラベルでは、この期間に
美術館のお申し込みになったお客様に、入場料を返金し、予約手数料のみいただきます。

マックスハーベストの最後の晩餐とミラノを満喫する特別プランの詳細は、こちら。

人気ブログランキングへ
[PR]
by maxharvest_travel | 2008-03-11 18:31 | 芸術
ミラノのスフォルツァ城で行われているルネッサンス時代の木の彫刻展へ行った。すべてカトリックに関係する作品ではあるが非常に表情的な物、まるで現代のイラストのような物、素晴らしい装飾のあるものなどよくよく見ると本当に奥深い。そして何よりも思うことは木の彫刻は温かみがあり、何かほっとする。
もう1つの驚きはこの展覧会の最後の部分、おそらく常設展なのだろうがエジプト展がある。4,5体のミイラと装飾のある棺おけが印象的だ。上層階級のミイラでない為、お墓のかなり内部にあったものだそうだ。そのため全くと言って良いほど当時の姿で残っている。その他にはエジプト時代のパピルス紙や沢山の小物が展示されている。ミイラのレントゲンや、1800年ごろに作られた偽エジプトパピルス紙等も面白い。
入場料は大人8ユーロ
[PR]
by maxharvest_travel | 2005-11-08 10:53 | 芸術
10月15日からミラノのPalazzo Realeにてヨーロッパにおけるカラヴァッジョ展が開催されている。今年最後のミラノ市の大文化イヴェントである。作品はバロック期を迎える直前のカラヴァッジョ時代と呼ばれた1595年から1635年の物。カラヴァッジョ派の作品を含め、ヨーロッパ各地から集められた絵画約150点が展示されている。カラヴァッジョの作品が素晴らしいのは言うまでもないが今回の展覧会では彼の影響を強く受けたマッティア プレーティの作品が話題を呼んでいる。
Palazzo Realeはドウモのすぐ隣に位置する。開館時間は月曜日9時30分から14時30分、木曜日9時30分から22時30分、その他の曜日は9時30分から19時30分。料金はカラヴァッジョ展のみ9ユーロ、カラヴァッジョ派展のみ5ユーロ、共通券12ユーロ。展覧会は来年2月6日まで。
[PR]
by maxharvest_travel | 2005-10-27 14:56 | 芸術
トスカーナ州ヴィアレッジョ、きれいな海、オペラ作曲家プッチーニの生まれ故郷としても知られている。実はここはフランス王国のナポレオン・ボナパルテ皇帝の妹パオリーナが最後の恋人でカターニア出身のルッカの大聖堂専属オルガニスト、ジョヴァンニ・パチーニと1822年より住んでいた所だ。この海岸沿いのVILLAが修復を終え7月28日より一般公開されている。展示品は家具や絵画の他、彼女の使用していた素晴らしい刺繍のスリッパや金糸の刺繍のマント、ナポレオンの髪の毛の入ったペンダントなどがある。またカノーヴァの彫刻、パオリーナの肖像は芸術的に素晴らしく全国からこれを目がけて訪問者が止まない。
[PR]
by maxharvest_travel | 2005-08-06 15:53 | 芸術
ミラノのスフォルツァ城とつながる広大なセンピオーネ公園、その一角に現代美術スペース、ミラノテゥリエンナーレがある。中は大変モダンな作りで、現代芸術の展覧会が常時いくつか開催されている。ここ数年話題になっているEmilio Anbaszの建築展をのぞいてみた。言うまでもないが、彼の建築は植物をふんだんに使った建築で一目見てアンバス作品とわかる。日本でも千葉ニュータウンセンター駅や帯広のデパート、新三田、東京といくつか建物がある。カルフォルニアのバービー人形博物館はなかなか外装が面白い。イタリアではリミニの海岸なんかも手がけている。この展覧会は図面や写真が多く、建築に興味のある方には是非お勧めだ。
また、テゥリエンナーレ内の喫茶店がとてもおしゃれだ。カップやグラスのいきなデザイン、1つずつデザインの違う椅子やテーブルも楽しめる。最近庭にもFIAT CAFFEができて話題を集めた。一度お天気の良い日にいらしてみてはいかがでしょう。
[PR]
by maxharvest_travel | 2005-06-08 16:00 | 芸術