カテゴリ:イタリアの街に小旅行( 29 )

こんにちは、イタリア現地日系旅行会社のマックスハーベストです。

アメリカの雑誌フォーブス誌によると、世界のストリートフードが美味しい街トップ10の第5位、
そしてヨーロッパで第1位がなんとシチリアのパレルモです。

パレルモを旅して、そのソウルフードを味わってみることもおすすめです。

フィレンツェのように牛モツを使ったパニーノ。その他、ヒヨコ豆の粉で作られたパンケーキのパネッレ、パン生地にトマトソース、アンチョビ、オレガノ、チーズとオリーブオイルをオーブンで焼いた、ピッツァのようなスフィンチョーネ。
そして日本でもよく知られているライスコロッケのアランチーノなど。

ご旅行中に是非、その美味しい数々のストリートフードをお楽しみ下さい。

パレルモ1

パレルモ2
http://www.palermostreetfood.com/

★現地日系旅行会社マックスハーベスト★
弊社ではパレルモ発の現地ツアーをはじめ、数々のプランをご用意。シチリア担当スタッフの撮影による弊社オリジナルのシチリアYou Tube動画もあります。是非ご覧下さい。
http://www.maxharvest-travel.com/option/sicilia/index.html

[PR]
ミラノからベネチアに向かい列車で大体1時間、ミラノ次ぐ大都市ブレーシャがあります。
この街は意外と歴史が古くローマ時代以前に作られました。現在でも市内にはローマの遺跡が見られます。
またベネチアやオーストリア帝国の支配時代の建築物が現在も現存しております。
ロンバルディア州の名前にもなった、ロンゴバルド族の公国時代の芸術作品の沢山保存されており、
サンタ・ジュリア博物館は必見です。

昨年待望の地下鉄も開通し駅から旧市街へのアクセスも便利になりました。
リピーターのお客様へのお勧め度◎です。

museo di s.giulia
foto:http://www.bresciamusei.com/

サンタ・ジュリア博物館
via Musei 55 - 25121 Brescia
http://www.bresciamusei.com/


現地日系旅行会社マックスハーベスト【イタリアクラシック人気の4都市周遊8日間】
専用車によるプライベート空港送迎サービスと、日本語ガイド付き市内観光ツアーが付いた安心充実プラン。人気観光スポットを巡ります。

[PR]
イタリアの北部スロベニアとの国境の州、フリウリ・ヴェネツィア・ジュリア州に
ラベンダーの街があります。

Venzoneという中世の面影を湛えた街で、ヴェネツィアからは2時間、州都である
トリエステからは車で75分の距離です。

ラベンダー1

開花時期は5月から9月、この時期は一面に広がるラベンダー畑を散策することができ、
6月半ばから後半の日曜日や、8月10日11日にはフラワーフェスティバルも開催されます。

街中にはラベンダーバレスと呼ばれる可愛らしいラベンダー専門店があり、畑から作業で収穫された
ラベンダーを使用したポプリや石鹸、化粧品類、パスタや陶磁器など、お買い物も楽しむことができます。

ラベンダー2

Palazzo della Lavanda
Via Mistruzzi 12, Venzone

マックスハーベスト【ヴェネチアから専用車でいくトリエステ半日ツアー】
イタリアの東端の港街トリエステへ専用車で行く半日個人旅行。ヴェンツォーネ観光アレンジなども可能です。

[PR]
先日雪の積もったミラノ。

今年の巨大ツリーの灯りとライトアップされたドゥオーモ、ほのかに輝く雪が綺麗でした。

ドゥオーモ脇ではクリスマスマーケットが開かれ、
プレゼントやクリスマスディナー用の食材を用意する人々でいつも賑わっています。

イタリアは25日26日がクリスマスの祝祭日で、家族で食事をし教会のミサに参加。
静かに祝日を過ごします。

代わりに元旦は友人などと過ごし、2日から通常通り会社が始まります。

日本のお正月とクリスマスが入れ替わったようですね。

皆様も良いクリスマスをお過ごしください。

ミラノ
写真:CORRIERE DELLA SERA
[PR]
「イタリアの最も美しい村」に認定される、山の上のとても小さな中世の村「モンテフィオラッレ」

ぶどう畑とオリーブ畑に囲まれたトスカーナのキャンティ地方「グレーベ・イン・キャンティ」の近くにあります。

車で少し急な坂を山の頂上まで上がると城塞があり、城塞を1周するように細い路地が伸び、村は古い城壁に囲まれるように納まっています。

フィオラッレ1

キャンティ地方で最も古い歴史を持つ村「モンテフィオラッレ」
黄土色の石壁と古い石造り民家が並びます。

フィオラッレ2

路地を入ってもすぐに城壁の外に出てしまう小さな村。

フィオラッレ3

細くカーブした路地と街並みは中世の趣をそのまま残しています。

フィオラッレ4

どことなくオシャレな民家。今でも住民が大切に暮らしている様子が伝わります。

フィオラッレ5

静かでのどかな村では、村人らしいおじいさんと、数人の観光客にしか会いませんでした。

フィオラッレ6

この地方のワインを扱うエノテカやレストランもありました。

フィオラッレ7

脇道はかつての城門。本当に小さな村です。ここから外に出てみます。

フィオラッレ8

門を潜り城壁の向こうには開けた空と景色。

フィオラッレ9

山の上にある町を囲むオリーブやぶどう畑を一望できます。

約10分程で一周してしまう程とても小さな村ですが、のどかで可愛らしい中世の町並みをタイムスリップ気分で散歩できました。

フィレンツェから足を伸ばしてキャンティ地方、シエナ、サンジミニャーノに旅行される方は是非お立ち寄りください。


【マック・ダリオでランチ&ワイナリー キャンティ小都市巡りツアー】
http://www.maxharvest-travel.com/option/firenze/007.html
美味しいものを食べる為ならちょっと不便な場所でも足を運びたい!モンテフィオラッレも行ってみたい!そんなお客様にお勧めのランチツアー

[PR]
スパッカ・ナポリの細い路地裏の一角、ひっそりと建つサン・セヴェーロ礼拝堂。

祭壇の前には世界的に有名な彫刻「ヴェールに包まれたキリスト」(1752年ジュゼッペ・サンマルティーノ作)があります。

a0058525_19452734.jpg

写真:サン・セヴェーロ礼拝堂公式HPより

「ヴェールを掛けられた死せるキリスト」とも呼ばれ、透き通るような大理石が滑らかな質感と冷たさを表現し、大理石の模様がまるで血管のように見える。思わず触れてみたくなる精巧な彫刻です。

主祭壇にはフランチェスコ・セレブラーノ作「キリスト降架」、堂内には10体の美徳の女神像があり、左角柱にはバラの花と石碑をもった女性がすっぽりとベールをかぶった大理石像、アントニオ・コッラディーニ作「ヴェールに包まれた謙譲 」(1752年) 反対側にはフランチェスコ・クエイローロの代表作、太いロープで編んだ網を頭からかぶった男「暴かれた欺瞞」(1752年)絡みつくようなロープの精巧な作りは必見。ナポリに来る前にはトレヴィの泉を飾る「秋の寓意像」を制作しています。

そして右側の階段を下りた地下室には、血管だけを残した人体像や解剖危惧も展示。
科学者であり文学者であったライモンド公は錬金術師だったとも言われており、この地下室で密かに解剖実験を行っていたそうです。

サン・セヴェーロ礼拝堂は、1749年にサンセヴェーロ公であったラインモンド・ディ・サングロが、一族が廟墓として建設した礼拝堂に装飾を施し再建したもので、現在は美術館として機能しています。


サン・セヴェーロ礼拝堂-Museo Capella Sansevero-
http://www.museosansevero.it/index.php
住所 Via De Sanctis 19


ナポリっ子と行く!ナポリウォーキング 半日ツアー!
http://www.maxharvest-travel.com/option/napoli/003.html
ちょっと街歩きが不安な方でも日本語ガイドがつくので安心!地元を熟知したナポリっ子と一緒にナポリの魅力を発見。

[PR]

弊社で人気のあるオプショナルツアー

ミラノシティーツアー

ミラノの主要な観光スポット Duomo、ヴィットーリオ・エマヌエレのガレリア、スカラ座博物館、スフォルツェスコ城、そして最後の晩餐鑑賞と盛りだくさんの内容。

さらに弊社でお申し込みただきますとミラノ在住のベテラン日本人ガイドさんによる説明付きと
あって満足度の高いプランとなっております。




お問い合わせ・お申し込みはこちらより
[PR]
アルプス山脈が綺麗に見えるピエモンテ州の州都 トリノの大聖堂 ドゥオモ。

ここには、キリストの処刑後にその体を包んだといわれている聖骸布があり
布には、十字架にかけられたキリストの姿が写っていて、多くの巡礼者が訪れていました。

この聖なる布がトリノの大聖堂 ドゥオモで一般公開されます。

期間 2010年 4月10日から5月23日まで
公式サイト
http://www.sindone.org/


マックスハ-ベストのオフィシャルHPへ
マックスハーベストでは、イタリア各地の旅行の手配をお手伝いします。


人気ブログランキングへ
[PR]
マックスハーベストがお届けする冬の特別企画を紹介します。

ミラノから行くミラノからボルツァーノ1泊2日のクリスマスマーケットプラン

ミラノからバーゼル(スイス)1泊2日のクリスマスマーケットプラン



ボルツァーノは、ドロミテ渓谷への入り口にあり、
オーストリアの雰囲気が色濃く残っています。
イタリア国内ですが、主要言語はドイツ語と独特の文化を持つ街。

1000個以上のイルミネーションが光り輝くヴォルター広場でクリスマスマーケットが
開催されます。 約80の屋台が立ち並び、伝統工芸品、クリスマスプレゼント、ボルツァーノの代表的なお菓子(Zelten)、リンゴを使ったお菓子(ストゥルーデル)も販売されます。


a0058525_19284415.jpg


そして、スイス最大のクリスマスマーケット、バーゼルプランもあります。
市内のバルフッセル広場には約100軒もの屋台が並びます

a0058525_19291594.jpg



マックスハーベストの特別企画は、こちらをご覧下さい。


人気ブログランキングへ
マックスハ-ベストのオフィシャルHPへ
マックスハーベストでは、イタリア各地の旅行の手配をお手伝いします。

[PR]
出張で、バッサーノ・デル・グラッパ(Bassano del Grappa)に行ってきましたが
忙しく、写真を撮る時間が早朝になってしまいました。

少し暗い、朝の写真ですが、町のシンボルでもある木製の屋根付き橋
ポンテ・ヴェッキオが見えますか。


a0058525_19584953.jpg



明るく、天気のいい日には、グラッパ山が見えます。
グラッパ山麓にあるので、この街の名前 は、
バッサーノ・デル・グラッパ(Bassano del Grappa)といいます


そして、ブドウの絞りかすを蒸留させてつくるイタリアの代表的な食後酒のグラッパは、
名産品です。

橋のたもとには、グラッパの大手メーカー、バルトロ・ナルディーニのバールもあります。

ヴェネツィアから列車で約1時間、または、パドヴァ、ヴィチェンツァから。


人気ブログランキングへ


マックスハ-ベストのオフィシャルHPへ
バッサーノ・デル・グラッパの個人旅行の手配もしています。
[PR]