カテゴリ:料理 ワイン( 15 )

ミラノの郷土料理といえば、ミラノ風カツレツ、コトレッタ・アッラ・ミラネーゼが有名です。
コトレッタといえば、お皿からはみ出そうなくらい、薄く叩きのばしたカリカリの仔牛肉カツレツが一般的ですが、まるでステーキの様な肉厚のコトレッタを食べることができる、ミラネーゼお勧めのレストランをご紹介します。

ミラノ郊外にある名店、トラットリア・デル・ヌォーヴォ・マチェッロ

コトレッタ1
こちらが骨付き仔牛肉の肉厚コトレッタ。
肉を叩かず、外はカリカリ、中はほんのりピンク色の、柔らかなコトレッタが味わえます。
かぼちゃのピューレが添えてあり、見た目もオシャレ!

コトレッタ2
この日頂いたスパゲティは、小イカのフリットと菜っ葉が太麺に良く合う、さっぱりとしたパスタでした。

コトレッタ3
まるで生チョコレートのようなピスタチオのジェラートは、濃厚でギュッと詰まった一口サイズ。

コトレッタ4
チョコレートケーキの中からは、熱々のチョコレートがどろっと出てきます。

コトレッタ5
人気店の為、予約は必須です。
またお支払は現金のみ。カード類は使用出来ませんのでご注意ください。

Trattoria Del Nuovo Macello
Via Cesare Lombroso 20 Milano
+39 02 5990 2122

マックスハーベスト★レストラン予約サービス・ディナーコンシェルジュサービス★
言葉が分からなくても安心してお食事をお楽しみ頂けるよう、レストランへのご予約、お食事のサポートサービスをご用意いたしました。

[PR]
by maxharvest_travel | 2013-05-14 19:19 | 料理 ワイン
ローマ法王退位に伴い新法王選出会議(コンクラーベ)が開催され、
サンピエトロ寺院などのローマの街並みを、
日本でもニュースなどの映像で何度かご覧になった方も多かったのではないでしょうか。

ローマのホテルには、夏季営業のテラスレストランがあるところも多く、
教会のクーポラを目の前に見ながら食事を楽しむなど、
イタリアを感じる景色を堪能することができます。

ナヴォーナ広場、パンテノン周辺のホテルにもテラスレストランはあり、
またRome Cavalieri Hotelのミシュラン二つ星レストラン ”La Pergola” からは、
サンピエトロ寺院も望めます。

ローマの隠れた見どころとして、ホテルやレストラン選びなどもローマの楽しみ方のひとつです。

ローマの街並みを見下ろして、いつまでも明るい初夏の夕食の時間を楽しんでみることはいかがでしょうか。

la pergola
Foto:La Pergola
Rome Cavalieri, Waldorf Astoria Hotels & Resorts
Via Alberto Cadlolo, 101, 00136 Roma

★マックスハーベストお勧めツアー≪ハイライトイタリア周遊7日間≫★
ヴェネチア2泊・フィレンツェ2泊・ローマ2泊古都の旅!空港送迎、市内観光、ユーロスターチケット、ホテルが付いた、現地旅行会社がサポートする安心パックです。

[PR]
by maxharvest_travel | 2013-04-10 21:17 | 料理 ワイン
イタリアで見つけた美味しいワイン、ワイナリー訪問で購入したお気に入りワインなど、
思い出に持って帰りたいけど荷物に入らない・・・なんて諦めるのはもったいない!

ヨーロッパのヤマト運輸では便利なワイン宅急便サービスがあり、
イタリアではミラノ、フィレンツェ、ローマから直接自宅へお送りできます。

輸送に安全な特別パッケージを施し10日くらいでご自宅へ、ワイン通には便利です。

詳しくは欧州ヤマト運輸HPをご覧ください。

ワイン2

イタリアの街中には素敵なエノテカが沢山あります。
ワインの種類も様々、お気に入りのお店を探すのも醍醐味のひとつです。

ワイン

ワイン3


【レストランクーポン★ミラノのエノテカ・ワインバーでディナーパック】
地元人で溢れるエノテカはちょっと入りにくい…なんて不安も解消!美味しいワインを楽しめるテイスティングコースとディナーコースをご用意!
[PR]
by maxharvest_travel | 2012-12-20 19:16 | 料理 ワイン
ピエモンテ州ロエロにある素敵なアグリツーリズム「ヴィッラ・ティボルディ」をご紹介します。

ここはランガインボーイズのワイナリー“マルヴィラ”が経営するアグリツーリズム(イタリア語ではアグリツーリズモ)で、ロエロの丘の彼ら所有のぶどう畑に囲まれた、これぞ楽園という気にさせてくれるロケーションにあります。

ロエロアグリ

建物は古いヴィッラを5年かけて改装し、趣味のよいインテリアと暖かいおもてなしはアグリツーリズモの真髄。
ワイナリー経営ならではのワイナリー見学やぶどう畑ツアーも可能で、レストランではピエモンテ料理ベースの創作料理と、勿論目の前のぶどう畑で収穫されたワインが楽しめます。

都市の喧騒から離れて、寛ぎと癒しのアグリツーリズモ体験をお楽しみください。

ロエロアグリ2
Villa Tiboldi
http://www.villatiboldi.it/


ランゲ・ロエロのワイナリーでアグリツーリズモ体験1泊2日≪午前発/午後発≫
http://www.maxharvest-travel.com/option/milano/021.html
都市の喧騒から離れて、くつろぎと癒しの“ワイナリー”アグリツーリズモ体験

[PR]
by maxharvest_travel | 2012-09-28 23:58 | 料理 ワイン
イタリアのワイナリーでは現在ワインのための葡萄の収穫時期(ヴィンテージ)を迎えました。
今年の収穫は9月初頭から10月中頃とのことで、今が収穫の真っ最中。

収穫1

この時期のワイナリーを訪問すると収穫を迎えた食べごろ(飲みごろ?)の葡萄がたわわに実り、
新鮮な葡萄の味見をさせて貰えることもあります。

収穫3

またワイナリーが経営するアグリツーリズモなどもあり、収穫体験やワイナリー見学、宿泊など、
ぶどう畑に囲まれてのんびりアグロツーリズモ体験が可能です。

ワイナリー訪問やアグリツーリズモ体験に興味のある方には、収穫の秋を感じるこの時期の訪問を
お勧めします。

収穫4


ランゲ・ロエロのワイナリーでアグリツーリズモ体験1泊2日≪午前発/午後発≫
http://www.maxharvest-travel.com/option/milano/021.html
都市の喧騒から離れ、ぶどう畑に360度囲まれたくつろぎと癒しの“ワイナリー”アグリツーリズモ体験。
その他日帰りワイナリー訪問も各地用意しています!

[PR]
by maxharvest_travel | 2012-09-25 22:06 | 料理 ワイン
イタリア肉業界のスーパースター、ダリオ・チェッキーニさん。

前回のブログではダリオさんのお肉屋さん“アンティーカ・マチェレリア・チェッキーニ”と、ランチ専門店“マック・ダリオ”をご紹介しましたが、
今回はフィレンツェに来たら絶対食べたい!フィレンツェ名物ビステッカ・アッラ・フィオレンティーナを食べに“オッフィチーナ”へ。
再びキャンティ地方へ向かいました。

フィレンツェから車で約1時間。
夕日に染まるぶどう畑やオリーブ畑を眺めながら、パンツァーノ・イン・キャンティへ。

ダリオ1

ステーキ専門店“オッフィチーナ”に付くと、入り口でダリオさんが迎えてくれました。
赤いパンツと靴がまぶしい!
お肉屋さんも赤と白の縞々でしたが、それ以上のインパクトです!

ダリオ2

受付には肉屋の男といった雰囲気のイタリア人たち。

ダリオ3

夏場は気持ちのいいテラス席での食事になります。
夜のレストランは完全予約制で1日1回。食事時間も決まっています。
長テーブルを囲い、みんなで一緒に食事を始める。お祝いの席のようです。

ダリオ4

指定された席に着くと、陽気なレストランの店長が野菜スティック用ディップのパフォーマンスをしてくれました。
テーブルにある小鉢めがけて塩をスプーンで投げ入れ、頭上高くからオリーブオイルを注ぎます!
オリジナルハーブソルトとオリーブオイルの組み合わせは、イタリアの味の濃い野菜に良く会います。

ダリオ5

みんなで一緒に食べるオッフィチーナでは、店員さんが食事を運んで取り分けれくれます。
食事の量が多いイタリア、自分で食べられる分だけお皿に乗せることが出来るので女性にもやさしいです。

ダリオ6

前菜、お肉のタルタル。さっぱりしていて鮮度は抜群!
その後軽くグリルしたタルタルも運ばれてきました。
美味しいけれどもここで食べすぎないように・・・

ダリオ7

豆のオリーブオイル煮。豆版ミネストローネのようでした。
後ろにあるボトルはオリジナルのオリーブオイル。ダリオさんの写真つき。

ダリオ8

陽気な店長は常に冗談を言いながら明るくテーブルを廻ります。
勿論女性を口説くことも忘れません。甘い言葉で褒めちぎります。
ダリオさんに負けないユーモアな方でした。

ダリオ9

ついに来ました!ステーキタイム!
ダリオさんが声高々に肉に敬意を払い、両手の美味しそうに焼けた肉を高々と掲げます。
バンドのようなレストランメンバー紹介もユニークでお客さんの期待感もぐんぐん上がります。

ダリオ10

その場で切り分け各テーブルに運ばれます。

ステーキは全部で3種類!
まずはコスタータ(牛の骨付き肩ロース)
次にビステッカ・アッラ・パンツァネーゼ(パンツァーノの地元肉を使ったTボーンステーキ)
最後にビステッカ・アッラ・フィオレンティーナ(キアーナ牛のTボーンステーキ)
贅沢なステーキの食べ比べ、ボリューム満点です。

ダリオ13

フィレンツェ名物、ビステッカ・アッラ・フィオレンティーナ登場!

写真がぶれてしまい、大事なお皿の画像がありませんが…(申し訳ありません…)
外はカリカリ、中はレアでジューシーなお肉は、以外にもさっぱりしていてとても美味しかったです。
最後のフィオレンティーナまでお腹いっぱいでも美味しく食べることが出来ました。

ダリオ11

店内には世界中からお客さんが来ていました。私たちの隣にはアメリカからわざわざ食べに来たという方たち、その横にもフランスの方。

ダリオ12

気さくなダリオさんもおしゃべりに回ります。皆さん楽しそうに働いていました。

ダリオ14

デザートにはオリーブオイルのケーキ、コーヒーと、食後酒のグラッパにもダリオさんの写真が。

ダリオ15

店長さんが最後に記念のサインをしてくれました。

ダリオ16

この日は丁度ロンドンオリンピック開催の日だったので、ワイングラスでオリンピックマークを書いてくれました。

お腹もいっぱいの大満足な夕食でした。

OFFICINA DELLA BISTECCA
Via XX Luglio,11, Panzano in Chianti
tel +39 055 852020
営業は火曜、木曜、金曜、土曜の夜8時、日曜日はランチタイムで13時から。
完全予約制。コース料理。
注:食事の終了時間が遅いので、お車のご用意もしくは近くのホテルに宿泊などお勧めします。
その他お肉のコース料理が食べられるれるレストラン“ソロ・チッチャ”(フィオレンティーナなし)も営業しています。


【ダリオ・チェッキーニさんのステーキ専門店『オッフィチーナ』でディナー!】
http://www.maxharvest-travel.com/option/firenze/008.html
本場の雰囲気で美味しいステーキが食べたい!ダリオさんのお店に行ってみたい!そんなお客様にお勧めのツアー!専用車で行も帰りも安心!

[PR]
by maxharvest_travel | 2012-08-30 17:48 | 料理 ワイン
フィレンツェから車で1時間、キャンティ地方の小さな町に、世界のグルメ界に名を轟かせる有名人が居ます。
その名は「ダリオ・チェッキーニ」

日本や世界各国のテレビや雑誌でも紹介される肉業界のスーパスターであり、破天荒なパフォーマンスとキャラクターでも知られる、明るく陽気なイタリアーノ。
狂牛病問題でビステッカ・アッラ・フィオレンティーナ(フィレンツェ風Tボーンステーキ)が食べられなくなった時は牛肉の葬式を開いてしまう程、肉に敬意を払い、肉を愛する熱い男です。

ダリオさんの経営するお店は、お肉屋さん“アンティーカ・マチェレリア・チェッキーニ”とレストランが3件。
今回はランチのみ営業の“マックダリオ”とお肉屋さんに行ってきました。

a0058525_1833158.jpg

マックダリオの入り口です。
テラス席と室内があります。

a0058525_1833539.jpg

こちらは室内です。
今回は中で食べることにしました。

ランチのメニューは2種類。
ハンバーグランチと、4種類のお肉料理のブレートと野菜スティックセット。

a0058525_18343619.jpg

こちらはハンバーグ。
新鮮なお肉を使っていて、焼き方も、レア・ミディアム・ウェルダンの3種類から選べます!

a0058525_18351318.jpg

こちらはプレート。
キャンティの寿司(生肉のマリネ)、キャンティのツナ(豚肉のオイル漬け)、焼き豚、肉団子の甘辛ソースがけ。
野菜スティックとパンも付いてボリューム満点!

おなかがいっぱいになったところで、噂のダリオさんに会いにお肉屋さんに行ってみましょう。

a0058525_18353945.jpg

お肉屋さんの外観は赤と白の派手なシマシマ模様。
入り口の左脇には、牛肉の葬式を行った時の記念碑が飾られています。

a0058525_1836651.jpg

居ました!ダリオさん!
良い笑顔で明るく迎えてくれました。

a0058525_1836579.jpg

店内にはクラシック音楽が流れ、牛のオブジェの後ろにはレストランで使われていたソースやスパイス、ダリオさんの写真入りオリーブオイルやアルコール類が並びます。
小さな小瓶のセットはお土産にもぴったり。

a0058525_18372450.jpg

オブジェの前には試食が並びます。

a0058525_18375951.jpg

ケースの中に並ぶ鮮度抜群のお肉。

a0058525_18383152.jpg

豪快な焼き豚。おなかいっぱいでもかぶりつきたくなります。

a0058525_18391161.jpg

お肉に真摯に向かう姿は素敵です。
夜は肉専門料理“ソロ・チッチャ”と、ステーキ専門店“オッフィチーナ”が営業しています。
こちらは次回ご紹介します!

キャンティ地方のブドウ畑を眺めながらドライブの途中、ワイナリーにも立ち寄りました。
また、ここからシエナやサンジミニャーノも近いので、都市巡りをされる方にもお勧めです。
美味しいお肉とワインを飲んで、ちょっと幸せな気分を味わえる旅でした。

Antica Macelleria Cecchini
Via XX Luglio,11, Panzano in Chianti
開店時間は12時~15時。
日曜日は定休日ですが、代わりに夜のレストランが営業。ランチ時間にお肉のコース料理を楽しめます。


【マック・ダリオでランチ&ワイナリー訪問!キャンティ珠玉の小都市巡り】
http://www.maxharvest-travel.com/option/firenze/007.html
キャンティワイナリーと噂のダリオ・チェッキーニのレストランへ行こう!専用車で行く楽々小都市巡り

[PR]
by maxharvest_travel | 2012-08-28 18:42 | 料理 ワイン
弊社 マックスハーベストの社長とスタッフがアルバの白トリュフ祭りに行ってきました。
a0058525_2045134.jpg



マックスハーベスト 社長の旅行記のブログを4travelにて掲載中です。
毎年、社長は、この白トリュフ祭りを楽しみにしています。
2008,2009年年と2回旅行記があります。 是非、4travelのぺージもご覧下さい。


a0058525_20462077.jpg


アルバ 白トリュフ祭り  2009年10月3日から11月8日の土日に開催。
入場料:2ユ-ロ

a0058525_15272290.jpga0058525_15274334.jpga0058525_1528124.jpg






a0058525_15301097.jpga0058525_15302420.jpga0058525_15304627.jpg






a0058525_15462990.jpga0058525_1547272.jpga0058525_15472895.jpg









マックスハーベストでは、ミラノ発アルバの白トリュフ祭りツアーを実施しています。
9:00 ミラノのホテルを専用車にてご出発
10:45 アルバに到着、白トリュフ祭り (Fiera di Tartuffo Bianco) 会場に入場
白トリュフやピエモンテのパスタ、蜂蜜、チーズ、ワイン、お菓子や
ハム・サラミなどの生産者が直販をしております。
会場を出て各自で昼食《白トリュフのパスタなどをお楽しみ下さい》
アルバの町を散策することも可能です。
14:30 バローロ生産地区またはバルバレスコ生産地区にてワイナリーを訪問・試飲
15:30 ランゲ地方を出発
17:30 ミラノホテル到着


お一人様 210.00ユーロ (ただし2名様よりの催行です)
料金に含まれるもの 専用車料金(09.00から17時30分まで、予定コース内の走行距離)
白トリュフ祭り入場料金
ワイナリー試飲料金

料金に含まれないもの 昼食代金
運転手へのチップ(目安20.00ユーロくらい)

ガイドの同行はなくミラノからの専用車のみですが、別途ご希望により、
日本人アシスタントの同行も可能です。

そのほか、10名様からの催行の観光バスプランもあります。
こちらは、日本人ガイドが同行します。

詳しくは、マックスハーベストのスペシャル企画のぺージをご覧下さい。
http://www.maxharvest-travel.com/services/option/mila02/004.html
[PR]
by maxharvest_travel | 2009-10-08 20:59 | 料理 ワイン
ミシュラン2つ星の有名店 ドン・アルフォンソ・1890は、ソレントから車で約20分
ナポリから南に約60kmのサンタアガタの街にあります。

a0058525_17485950.jpg


ワインセラーは、地下30mまで続いています。
a0058525_19251761.jpg



ドン・アルフォンソ1890
(Ristorante Don Alfonso 1890)
Corso Sant'Agata 11
Tel 081-8780026

http://www.donalfonso.it/

オプショナルプランとしてナポリから送迎の専用車を使っていくこともできますが
素敵な滞在施設もあり、suites4室、junior suites 4室、アパ-トメント1室があり
優雅なディナーのあと、ゆったりと過ごすことができます。
http://www.donalfonso.com/en/suites.htm

カプリ島が目の前の自家農園、ワインセラーを訪問したりと料理の美味しさ、美しさとともに
素晴らしい滞在がきっとできることでしょう。

マックスハ-ベストのオフィシャルHPへ
マックスハーベストでは、イタリア各地の旅行の手配をお手伝いします。

[PR]
by maxharvest_travel | 2009-07-24 19:27 | 料理 ワイン

秋になり、いよいよイタリア、ピエモンテ州のお料理が美味しい季節になりました。

第78回 アルバ白トリュフ祭りは、10月4日から11月9日の毎週末に開催されます。

町の中心にある広場では、伝統的なイベントも催され
町中が白トリュフの香りに包まれます。

白アルバの白トリュフ祭りの公式サイトは、こちらです。

ピエモンテ料理であるカルネ・クルーダ
(生の牛肉、カルパッチョのようになっていたり、ミンチされ
牛肉のタルタルのようになったものがあります。)
と白トリュフの組み合わせは美味しい郷土料理のひとつ。

この時期の週末のレストランは、どこも予約でいっぱいです。
もし、アルバ市内でのお食事を楽しみにしている方は
必ず予約をしておきましょう。

この時期は、アルバ市内のレストラン、トラットリア、オステリアで
白トリュフを使ったお料理がメニューの並びます。


ブラのスローフード協会本部の中にある「ボッコンディヴィーノ」の姉妹店も
駅から近くアルバ市内にあります

Osteria dell Arco
Piazza Savona, 5
Alba(CN)
電話番号 0173.363974

人気ブログランキングへ
マックスハ-ベストのオフィシャルHPへ
[PR]
by maxharvest_travel | 2008-10-02 00:23 | 料理 ワイン