カテゴリ:オペラ( 24 )

a0058525_20511491.jpg
写真は、ボローニャにある歌劇場 テアトロ コムナーレ。
Teatro comunale
di Bologna








ここは、座席数が少ない上、年間予約をしている会員の席が多いので
演目によっては、鑑賞することがとても難しいのですが
その中でヴァイオリン製作の勉強のためにイタリアで暮らす日本人、
オペラ留学に来ている日本人の姿も見かけました。

歌劇場の周囲は、落ち着いた雰囲気であり、若い学生の姿が多く明るい空気があります。
このテアトロ コムナーレ ディ ボローニャの近くには、ボローニャ大学があるからです。

ボローニャ大学は、1088年に創設され、学生の中には、ペトラルカやダンテ・アリギエーリもいました。ヨーロッパで最古の総合大学です。

イタリアの中でもグルメの街であるボローニャには、予算が高めの美味しいレストランがある一方で
学生が気軽に安く、気軽に食べられるようなピザのお店、学生たちが集まるアイルランド風のパブも
歌劇場の近くにあります。

一人でも入りやすくて気軽にボローニャらしいお食事をしたかったら
歌劇場からボローニャの2つの塔のある中心地の方に向かっていったところにある
タンブリ-ニ(Tamburini)

老舗のボローニャのお惣菜やパスタ、チーズなどが帰るお店で、
ランチタイムになると、このお店の奥は、セルフサービスのレストランにもなっています。
もちろん、ビジネスマンや旅行客でいっぱいになります。

Tamburini
Via Caprarie, 1 - 40124 Bologna
tel +39 (0)51 234726



人気ブログランキングへ
[PR]
by maxharvest_travel | 2007-05-28 20:53 | オペラ
イタリアで行われる夏のオペラフェスティバルとして以前の記事で
マルケ州ぺ-ザロでロッシ-ニ・オペラ・フェスティバルを紹介しました。

今回は、ヴェロ-ナのオペラフェスティバルについてです。

紀元1世紀ロ-マ時代に建てられた円形劇場を舞台に行われる
ヴェロ-ナのオペラフェスティバル。

このチケットが運よく手に入ったとしても、考えなければいけないのは
滞在先の確保も大切だということ。

オペラ終演後に、交通手段がない場合は、ヴェロ-ナ市内でホテルを
予約しなければならないため、ホテルは、どこもいっぱいになり
チケット以上に予約が難しいことも考えられるからです。

公演の開始時間は、2007年6月、7月は、21時15分。8月、そして9月1日は、21時。
終演は、やはり深夜近くになります。
2007年のスケジュ-ルは、下記の通りです。

NABUCCO 6月22日、29日。7月7日、20日。8月3日、7日、10日、16日、22日、29日、31日。

AIDA 6月23日、7月1日、5日、8日、15日、17日、22日、25日、28日。8月5日、12日、 15日、19日、23日、26日、28日。9月1日。

LA BOHEME 6月30日。7月6日、13日、18日、21日、24日、27日。

IL BARBIERE DI SIVIGLIA 7月14日、19日、26日。8月8日、11日、14日、18日、  25日、30日。

LA TRAVIATA 8月4日、9日、17日、21日、24日。


ボロ-ニャで留学当時、何人かの留学生がこのオペラ鑑賞のために地元の旅行会社の
オペラ鑑賞のバスツア-に参加。オペラ鑑賞後の深夜にバスでボロ-ニャまで帰ったことを
思い出しました。

ヴェロ-ナは、宝石のような魅力的な街。観光するにも、そして美味しいワインの産地です。
オペラ鑑賞後、歩いて帰れる街の中心のホテルに滞在できれば、とてもいい夏の
思い出が出来ることでしょう。
オペラ終演後も、アレ-ナ近くのブラ広場にあるレストラン、カフェは、
開いているところもあります。


人気ブログランキングへ
[PR]
by maxharvest_travel | 2007-05-17 20:27 | オペラ
本日、ミラノ・スカラ座で7月に行われるベルディ作曲
オペラ椿姫のチケットが売り出しの日です。

イタリアオペラを代表する演目で、発売開始され
たちまち全日程、全席とも完売になってしまいました。

今日、紹介するのは、イタリアを代表するオペラ劇場、ミラノ・スカラ座の建物にある
レストラン・カフェテリアです。

イタリアオペラファンだけでなく、せっかくミラノに訪れたら本場の
雰囲気を味わってみたいものです。

スカラ座博物館の隣にあるこのレストラン・カフェテリアでは、
優雅なミラネ-ゼがカフェで休憩していたり
そしてスカラ座上演前に軽食を楽しむ人々の姿も見られます。

美術館での鑑賞など疲れたら、この素敵なカフェで休憩することもできます。

ミラノでは、仕事帰りやデイナ-の前にカフェに立ち寄って、食前酒を楽しむ習慣があります。
もちろん、このスカラ座にあるレストラン・カフェテリアでも、ちょっとした軽食と食前酒が
楽しめるのです。
このPre-Theatre Buffetメニュ-は、18時45分から19時50分まで
軽食のビュッフェとグラスワインで18ユ-ロ。

このレストランの入り口には、バ-ルもあり、朝8時(土曜日は、9時半)からオ-プン。
カプチ-ノと甘いやデニュッシュやクロワッサンの朝食もここでできるのです。

レストラン・カフェの入り口は、劇場と違い、スカラ座博物館側になります。
マックスハ-ベストのオフィシャルHPでも紹介しています。

Ristorante alla Scala
Piazza della Scala
電話 02-86451580
スカラ座上演のない日曜日は、閉店です。

今日、ミラノは、朝から雨模様で地下鉄が15時までストライキの一日。

頼まれていた椿姫のオペラのチケットがどうにか買うことができてひと安心。
これからこのスカラ座にあるカフェで帰宅前に
パニ-ノと飲み物で軽食のランチに行ってきます!

人気ブログランキングに登録してみました。
人気ブログランキングへ
[PR]
by maxharvest_travel | 2007-05-04 21:07 | オペラ
アドリア海に面したマルケ州ぺ-ザロは、オペラ作曲家のロッシ-ニの故郷であり
今年2007年は、8月8~21日にロッシ-ニ・オペラ・フェスティバルが開催されます。
一昨日前からチケットの予約も開始になりました。
ちょうど、フェスティバルが開催される夏の時期は、有名なビ-チリゾートでもあるので
多くのヴァカンス客で賑わい、ぺ-ザロが一番、華やかな時期になります。
ぺ-ザロには、ロッシ-ニ(VIA ROSSINI)と名前のついた通りやロッシ-ニの生家もあり
見学が可能です。ロッシ-ニ国立音楽院という有名な音楽学校もあります。

そしてここから同じぺ-ザロ・ウルビ-ノ県の別の美しい街にも是非、足を運んでみましょう。
丘の上の古都ウルビ-ノは、画家ラファエロの故郷であり、小さくかわいらしい街。
ウルビ-ノ大学では、外国人のためのイタリア語の夏の講座があります。
約1ヶ月間、ウルビ-ノに滞在した友人は、帰ってくるとマルケ州のこの小さな宝石のような
美しい古都で暮らせたこと、自然の風景がとても美しかったことなど多くを語ってくれたことを
思い出しました。

ミラノとロ-マを往復するのに、いつも使っているイタリア国鉄のユ-ロスターを
ホームで待っていると、車体には、マルケ州のひまわり畑など美しい風景がデザインされたものが目の前に停車しました。その車体ある広告を見て初めてその美しい自然の景色を知り
で、今まで訪れたことのないこの土地に足を運んでみたい気持ちになったものです。

この他、マルケ州内南部には、オリ-ブ、ワインで有名なアスコリ・ピチェーノがあります。
有名なのは、 アッラスコラーナというパン粉で揚げたオリ-ブ。イタリアでは、どこでも
見かけるこのスナックは、ここの郷土料理なのです。

ぺ-ザロ・ウルビーノ県の観光サイト
[PR]
by maxharvest_travel | 2007-04-20 18:49 | オペラ