イタリアの春 2007

"PRIMAVERA ITALIANA  イタリアの春2007"のために1867年からフィレンツェのウフィッツイ美術館に所蔵されているレオナルド・ダ・ヴィンチの作品"受胎告知"が本日、日本に向けて出発します。これは、3月20日から6月17日まで、上野の東京国立博物館で特別展"レオナルド・ダ・ヴィンチ―天才の実像"が開催されるためです。
ウフィッツイ美術館の外では、この偉大な文化財が持ち運ばれることによって、芸術品保存を心配する反対派の人が集まりました。この貴重な名画は、もちろん日本初出展です。

この"PRIMAVERA ITALIANA  イタリアの春2007"は、2001年の"日本におけるイタリア年"に続き開催されるもので、期間中、日本では、グルメ、ワイン、芸術、テクノロジ―などイタリアを実感できる魅力的なイベントがたくさん行われます。

このイベントでは、芸術の文化遺産によるイタリアの美だけでなく、ファッション、グルメ
車などイタリアの魅力がたくさん体験できます。
2006年11月30日のイタリア大使館による記者発表では、200以上にも及ぶ、その全プログラムが紹介され、オ―ガナイザ―のひとつであるイタリア・ソムリエ協会もイタリア文化の紹介として記者会見の参加者に各州から贈られたボトルワインをプレゼントしました。

この期間は、全国各地でのイタリアンフェア―、オペラコンサ―ト、芸術の作品展、イタリアンワイン、グルメとたくさんのイタリアの魅力が日本でも体験できるのです。
ぜひ、気持ちのいい春の季節、各種イベントに出かけてみましょう。
[PR]
by maxharvest_travel | 2007-03-13 21:38 | イベント