ARTURO MARTINI展

ミラノで11月から話題を集めたARTURO MARTINI展も残すところ1週間となった。そしてとうとう昨日訪問が実現した。街の中心で開催されており今日まで先延ばしにする理由もなかったが、訪れる美術展に落胆する可能性の比較的多い現代美術鑑賞を避けたいと言う願望も多少あった。
 しかし、なんとこの展覧会はこんな私に素晴らしい感動を与えてくれたのだ。マルティーニ(1889-1947)は20世紀もっとも重要な彫刻家の一人だ。象徴主義、未来派、表現主義、ロマン主義これらの主張とともに作品に魂を感じた。ここで私の中途半端な説明を書くのは無礼にあたるのでこれ以上は語らないが本当に足を運んでいただきたい。展示場の説明書きも実に充実しているが、イタリア語のみである為旅行者には残念である。展覧会はMUSEO PERMANENTEとFONDAZIONE STELLINEの2箇所で同時に開催されていて入場券も同日であれば共通だ。MUSEO PARMANENTEの方が作品が多く、DONNA AL SOLEIL BEVITORE、があり必見だが、FONDAZIONE STELLINEは小さなスペースだが大きな作品が多く、IL SOGNOが見られる。この後2月25日からはローマの近代芸術美術館へ移動し、5月13日まで開催される。
[PR]
by maxharvest_travel | 2007-01-29 06:47