ミラノ市立水族館

数年ぶりでミラノ市立水族館を訪れた。スフォルツァ城や、アレーナに程近いセンピオーネ公園の中に位置するこの水族館は1906年創立と100年の歴史を持ち、世界最古の水族館のひとつである。セメント建築でリバティ様式のこの建物はなんともこじんまりとしていてヨーロッパらしい。この季節はセンピオーネ公園も冬の枯れ木で寒々としているが春になれば散歩コースには最適だ。
館内は改装されたばかりで大変きれいだ。私たち日本人の水族館イメージは東京の葛西臨海公園なんかの巨大なものだが、こちらの水族館はこじんまりしていて、小さな水槽が多く説明書きも多い。面白かったのはについての研究発表のようなものがあり、お米1キロに何リットルの水が必要か、などがわかりやすく展示されている。ちなみにイタリア人1人あたりの平均ミネラルウォーター消費量は年間で何リットルでしょう?答えは170リットル!!!
日曜日の午後はベビーカーを持つ家族連れで大変にぎわっていた。冬のミラネーゼの休日スポットのひとつだ。入場無料で17時まで開館。例に漏れず13時から14時はしっかりお昼休みで閉館だ。月曜休館。
[PR]
by maxharvest_travel | 2007-01-18 19:14