Befana(べファーナ)

べファーナとは老婆の魔女の名前であり、1月6日(前夜)に子供に贈り物を届けたといわれている。サンタクロース同様、イタリアの民間伝承であるが、イタリアの百科事典によるとローマが発祥の地でありその後イタリア中に広まったらしいが、ある子供によればべファーナはサンタクロースの妻であり、サンタクロースは忙しすぎるのでクリスマスが終わったあとでも彼の仕事を手伝いプレゼントを運んでいるというが・・・???叉別の説としては、キリスト教以前の遠い昔、1月1日から6日まで、世にも恐ろしい老婆が地上を飛び回るので、最後の日の晩に村の男達が集まって魔女を焼くための焚き火をするのが習慣だったという。魔女が飛び交っている間はボロ布で作った人形を魔よけとして窓辺に掲げておき、最期にそれを日に放りこんで焼いたそうだ。そして魔女が消え去り平和が訪れたその晩には、人々は贈り物を交換しあったというが・・・。

ところで、1月6日とはカトリック行事の中でも大切な『ご公現』または『エピファニア』と呼ばれる祝日に当たる。東方の三博士がやってきて幼きイエス・キリストを神の子と認める。そして、なぜ、その日がべファーナの日でもあるのか。エピファニア(Epifania)という言葉はRivelaziojne (真実が明かされる)、Manifestazione(現れ)という意味のギリシャ語(Epiphaneia)に由来する。

日本では私が子供の頃は(ずいぶん昔、笑)クリスマスにはベッドの上に靴下をぶら下げておいてサンタクロースにプレゼントを入れてもらったり、長靴の入れ物に入ったお菓子が定番であったが、(今はどうなのだろう?しばらく日本のクリスマスは経験していない)、こちらではエピファニアの時にその光景が見られる。べファーナは煙突からやってくると信じられているため、暖炉の中に靴下をつるしたりもするそうである。クリスマスを過ぎるともうどこのお菓子屋や、パン屋、叉街中のディスプレーも魔女の飾りつけ、または箒が飾られる。

べファーナは1年間『良い子』で過ごした子供にはお菓子を贈るけれど、『悪い子』だった子には炭や灰を持ってくるといわれており、炭の形をした砂糖の塊のようなお菓子も売られている。昨年買って試してみたが、リクリツイア(カンゾウ叉は甘草と呼ばれる黒いお菓子)の味がする砂糖菓子で子供達は嫌がった。ビニール袋に入れ、床にたたき付け細かく割っては紅茶に入れて飲んだものだ。(笑)

我家の場合、まだバッボ・ナターレ(サンタクロース)はいると信じているようであるが、さすがにべファーナは親の仕業だとわかっているよう。
[PR]