8月のミラノ

イタリアは今ヴァカンス真っ最中。ここ3日間で1100万人がヴァカンスに出かけたとのことだ。この数字はイタリアの人口の約5分の1。休暇は3週間くらいが平均というから我々日本人にとっては夢のような話だ。ミラノの町は中心地を除いてひっそりとしている。個人商店もほぼ8月末まで休みだ。開いているレストランも少ない。こちらの大学は9月に試験があるというのにミラノの図書館すべてが閉館している。本当に不思議な街だ。ヴァカンスに出かけないと「どうしたの?いったい何しているのこんなところで?」と不思議そうに聞いてくる。
それにしても人気のないミラノの街、空気は澄み、車で出かけても駐車の心配もまったくない。もちろん渋滞もない。お役所の手続きも待つこともない。8月のミラノはある意味夢の町である。
[PR]
by maxharvest_travel | 2006-08-08 18:21