トリノのエジプト考古学博物館

今年の冬のオリンピックで世界的に有名になった街トリノにエジプト博物館がある。今日はこれを簡単に紹介しよう。1825年にフランスのナポレオンボナパルテがエジプトを征服した際当時のエジプト大使ドロヴェッティにより創設された。彼は5268品のコレクションをトリノに持ち込んだ。そして1894年に考古学者スキアッパレッリがこの博物館の館長に就任した際、新たにエジプトの発掘が約33年に及び続けられ、新たに20000点の重要な物がトリノに運ばれた。展示品は、貴重な彫刻品、石、宝石、棺、素晴らしい数々のミイラとどれも驚くほどきちんと原型をとどめている。現在は6000点ほど展示され、スペース等の問題で約5倍の物が宝庫に収められている。
ヨーロッパではベルリンのエジプト博物館と並び最も貴重なエジプト資料を持つ博物館として世界中から注目されている。是非訪ねて欲しいお勧めミュージアムだ。
[PR]
by maxharvest_travel | 2006-06-03 01:06