キースヘリングショー

久々にミラノの現代美術館テゥリエンナーレに出かけた。意外にも若者でいっぱいだ。キースヘリングの展覧会だ。
キースへリングは1958年ペンシルバニア生まれ。ニューヨークのストリートや地下鉄の壁面などをキャンバスにして1980年代のポップアートシーンを駆け抜けた天才アーティストである。1990年、残念ながらエイズにより、31才の若さでこの世を去ってしまう。
生前より「エイズ撲滅」や「恵まれない子供達への救済」活動に積極的に参加していた。特にエイズに関しては、自分の作品を通じて若い人達に「危険なセックス」を止めるよう訴え続けた。
かなり多くの作品が展示されていて、ビデオでは彼のドキュメンタリーも見ることができる。お土産品コーナーのマグカップやエスプレッソカップ&ソーサーはデザインも良く7ユーロから10ユーロとお買い得!!!
展覧会は来年1月29日まで。
[PR]
by maxharvest_travel | 2005-12-04 11:35 | イベント