国民投票

一昨日、昨日とイタリア全国で行われたレファレンドゥン(国民投票)は投票者が5割を超えなかった為無効となった。この国民投票は人工授精、体外受精等の規制緩和に関するものであった。そもそもローマ法王庁はこれに関して反対していたことに付け加え、すべての国民にかかわる問題でなかった為、国民の関心も薄かったようだ。でも不妊に悩む人々にとっては残念な結果となった。
このレファレンドゥンの為に多額な資金をかけたイタリア、せめてYes or Noの声を聞けるような状況にするべきだったと思う。
だいたい学校も終業式を終え、多くの人がバカンスに出かけ始めるこの時期に国民投票とは、政治的な意図がうかがわれるとイタリア人も皆言っていた。
[PR]
by maxharvest_travel | 2005-06-14 15:59 | その他