パオリーナ・ボナパルテ邸いよいよ一般公開

トスカーナ州ヴィアレッジョ、きれいな海、オペラ作曲家プッチーニの生まれ故郷としても知られている。実はここはフランス王国のナポレオン・ボナパルテ皇帝の妹パオリーナが最後の恋人でカターニア出身のルッカの大聖堂専属オルガニスト、ジョヴァンニ・パチーニと1822年より住んでいた所だ。この海岸沿いのVILLAが修復を終え7月28日より一般公開されている。展示品は家具や絵画の他、彼女の使用していた素晴らしい刺繍のスリッパや金糸の刺繍のマント、ナポレオンの髪の毛の入ったペンダントなどがある。またカノーヴァの彫刻、パオリーナの肖像は芸術的に素晴らしく全国からこれを目がけて訪問者が止まない。
[PR]
by maxharvest_travel | 2005-08-06 15:53 | 芸術