ワインオープナー小さな展示会

ミラノの市庁舎の裏側に当たるところサンフェデーレ広場2番地、通りに面するショウケースがある。気をつけて足を留めたことはかつてないが望遠鏡や古地図、時には古時計がライトアップされていたのをさり気に覚えている。このショーケースは銀行の持つ小さな美術館である。今回はちょっと話題を呼んでいる。1600年から現在までのイタリア、フランスを中心にワインの栓抜きが約200点展示されている。世界に1つしかない物、簡単なねじのような形の物、いったいどのように使うのか想像もつかない複雑な物、豚のしっぽと呼ばれるイギリス製の物、面白いデザイン、庶民的なものとけっこう楽しめる。
展示は9月30日まで、毎晩23時シャッターが下りる。
[PR]
by maxharvest_travel | 2005-08-09 15:52 | イベント