ヨーロッパにおけるカラヴァッジョ展

10月15日からミラノのPalazzo Realeにてヨーロッパにおけるカラヴァッジョ展が開催されている。今年最後のミラノ市の大文化イヴェントである。作品はバロック期を迎える直前のカラヴァッジョ時代と呼ばれた1595年から1635年の物。カラヴァッジョ派の作品を含め、ヨーロッパ各地から集められた絵画約150点が展示されている。カラヴァッジョの作品が素晴らしいのは言うまでもないが今回の展覧会では彼の影響を強く受けたマッティア プレーティの作品が話題を呼んでいる。
Palazzo Realeはドウモのすぐ隣に位置する。開館時間は月曜日9時30分から14時30分、木曜日9時30分から22時30分、その他の曜日は9時30分から19時30分。料金はカラヴァッジョ展のみ9ユーロ、カラヴァッジョ派展のみ5ユーロ、共通券12ユーロ。展覧会は来年2月6日まで。
[PR]
by maxharvest_travel | 2005-10-27 14:56 | 芸術