白トリュフメニュー

現在、北イタリア ピエモンテ州アルバでは、白トリュフ祭りが開催されています。
その時期に合わせて各地でトリュフメニューを出すレストランも多く、またそれを狙ってお食事に行かれる方も多いことでしょう。

アルバの白トリュフを使った代表的なメニューには、前菜ではピエモンテ牛(ファッソーナ牛)の生肉
(タルタルになっている場合が多いです)の白トリュフがけ、または半熟の卵と生クリームのココットに、
白トリュフをたっぷり削ってもらう一皿、そしてプリモにピエモンテの生パスタ(タヤリン)をバター、
オリーブオイルでシンプルに合えたものに、削った白トリュフをかける白トリュフづくしなど、どれも
白トリュフの風味を生かすためにシンプルな料理法と素材で、ピエモンテらしいメニューとなります。

白トリュフは購入後、香りがなくならない1週間以内が食べごろと、ご旅行中の購入は難しいかもしれませんが、ご家庭で期限が気にならず気軽に楽しむには、白トリュフの入ったお塩や、白トリュフの香りがする
オリ-ブオイル、そして白トリュフを少量入れた香りのある瓶詰めのパスタソースなどの加工品もあるので是非、旅のお土産にアルバの街の食材店で探してみて下さい。
また、現地でも白トリュフを購入なさった方は、家庭でなく、知り合いのシェフのいるイタリアンレストランに持込みすることが多いようです。
トリュフ1

トリュフ2

アルバ白トリュフ祭りと赤ワインを楽しむプラン
午前中は白トリュフ祭り、午後はバローロ、バルバレスコのワイナリーを訪問!往復専用車で時間のロス無く快適にご旅行をお楽しみ頂けます。

[PR]
by maxharvest_travel | 2013-10-30 20:07 | イベント